展覧会のお知らせ

<展覧会のお知らせ>

ゆう画廊(銀座)
2017年10月23日(月)-28日(土)
23日 17:00- オープニングパーティー

2012年11月17日土曜日

CITROËN 2CV_2

シトロエン2CVの「2CV」は、「deux chevaux」で2馬力の意味です。
実際には、それ以上あったのですが、開発当初の意図を残して、この名前で呼ばれます。


CITROËN 2CV エンジンルーム 「CITROËN & PEUGEOT」

エンジンは、空冷2気筒で602cc。
2気筒独特の、ポコポコとリズミカルなエンジン音が印象的でした。
ただし、雨の日にはエンジンがかからない事も・・。


CITROËN 2CV 構造 「CITROËN & PEUGEOT」

外装・内装・構造、すべて最小限の仕様ですが、それが、実に合理的で愛らしいです。

運転席はこんな感じです。
CITROËN 2CV ステアリング 「THE CITROEN 2CV」

私が乗っていたのは、左下のタイプ。
「シングルスポーク ステアリング」が特徴的です。
これは、1974年のモデルからだそうです。

もう、「全てが特徴」のような2CVです。その中でも開発当初から、スタイルの変わらないこのシフトレバー。
ステアリングの右側を見ていただくと、前面のダッシュボードからシフトが突き出ていて、ボールのようなものが付いています。
これを、寝かして、押したり引いたりして、シフトチェンジします。


CITROËN 2CV 1960年代製 「CITROËN & PEUGEOT」

4段変速なのですが、大きいエンジンの車と違い、この速度にはこのギアというのが、唯一なんですね。
なので、こまめにギアチェンジが必要です。
その分、スムーズなシフトアップで加速した時は、ランランです。


CITROËN 2CV_3」に続く

0 件のコメント:

コメントを投稿